新春!?新入生歓迎!熊大原研ブログへようこそ(^O^)

新入生のみなさん!こんにちは!

そうでない人もこんにちは!

月曜日に毎週更新するといいながらなかなか更新できずすみません(>_<)

改めて・・・

主に熊大原研の広報を担当し、ブログやFacebook、Twitterなどを投稿させていただいてます、

まあむです☆ミ

今回は特に新入生に私たちがどんなことを目指しているサークルなのかを知っていただきたい!
紹介したい!というおさえられない衝動から一筆脱がせていただきます!!

私たちのサークルの名前は「熊大原研」といいます(^^)/
前までは熊大カープと言っていましたが、より皆さんに分かりやすく説明するために原研に名前を変えてみました!!

私たちのサークルにはVISIONがあります(*^_^*)

「希望への挑戦~為に生きることを通して、大学・地域・社会を活性化させます!~」

です!

1b9Ud016svc1dpl607i7chqp_zacxru.jpg 
友達、家族の為、目の前の人の為、そして、私たちが通う熊大をはじめとする大学、地域、社会の為にやるという、自分の利害を超えた心の姿勢を持ちながら、様々な活動を通して、活性化させたい!!
と考えています☆

主な活動内容としては・・・

〈理論編〉
○レクチャー
…統一原理という、社会問題や個人の精神問題にいたるまでの様々な問題を解決してくれるヒントになる教養みたいなもの、考え方を学びます!それを題材にディスカッションをしたりします!

○VTR視聴
…実際に為に生きた人物の生涯や生き方を通して、自分の成長につなげていきます☆
 例)プロフェッショナル、映画など・・・。

〈実践編〉
○スポーツ!
…主にサッカー!たまにアルティメットというフリスビーを使ったスポーツをやります!!

○プロジェクト活動やボランティア活動!
…昨年度は学内の自転車並べを頑張りました!今年は新しいことにも挑戦!

○政策立案にむけたディスカッション=だべりば!
…いろんな社会問題を話し合い、具体的な解決策をみんなでだべります☆

と、いろんなことをやっていますが・・・

一番大切にしているのはやはりVISIONですね(^◇^)

普段過ごしていれば、大学生活というのは自分のやりたいことをすることが多いです。
それが一般的であり、もちろん学生生活のなかでしかできないことに挑戦することが重要です。

でも、今、社会から、日本から、そして世界から求めている人材とはどんな存在なのでしょうか。

私たちが一番喜びや幸福を心から感じる時ってどんな時でしょうか・・・。


それは・・・


「為に生きる」こと!!

これに全て直結します(^^)/

自分の利害を一歩越えて、相手の反応以上にまず先に与えていくところに発展があります。

熊大は、都市圏にある大学ではなく、地方大学に位置します。

国や世界のためにといっても観念的にならざるを得ないところは正直あるなと感じています。

しかし、震災のあった熊本の為、自分たちが住んでいる地域、もっといえば熊大や他の熊本の大学
の為にできることは多くあるのではないでしょうか??

しかも、これは全国に優秀な人がたくさんいたとしても、私たちにしかできません。

だからこそ、私たち大学生が為に生きることで大学や地域、社会を活性化させたいなと思っています!!

希望への挑戦!がメインタイトルですが、現実しか見えてこない現代社会や日々の生活の中で、
だからこそ希望に向かって挑戦していきたい、そういう姿が多くの人に希望を与えられるのではないかと思っています(^^♪

このVISIONを掲げて今年度熊大カープ改め「熊大原研」は頑張っていきたいと思います!!

興味があればぜひぜひ遊びに来てみてください(*^_^*)

今年度もよろしくお願いします!!

希望への挑戦!
クリックお願いします↓↓↓ にほんブログ村 大学生日記ブログへ にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

震災復興は“熊本人”が最後まで責任もっていきたいですね (。-`ω´-)

いつもコメントありがとうございます(^O^)

誰よりも熊本を知ってるのは私たち熊本県人ですからね✊

頑張っていきたいですね✨

新しいVISION、新しい出発

素敵なVISIONですね。
都市部の大学は最新の流行や文化に触れやすそうではありますけど、
それぞれの地域のことを一番に理解してその地域にあった活動を行えるのはその実際の現場の人ですよね。
熊大生として、熊本に元気と活気を与えられるように頑張ってください!!

麻広さん、コメントありがとうございます☆

そうですよね。地域の事は自分たちしかできませんからね。
頑張りますね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。