熊本の為に立ち上がる若者がここにいる!!!~災害ボランティアの様子~


お元気様です!!

熊大カープの、毎度おなじみ、まあむです!!


熊本にいる我々ができることはこれしかない!と思って
被災地のボランティアに行ってきました(^^)/


前回のブログにも熊本の様子を載せましたが、他にも多くの被害が有りました。
11358.jpg 

11359.jpg

私も実家に避難したのですが、その帰り道に建物の一階部分が倒壊してつぶれていたり、建物のほとんどが屋根にブルーシートをかぶせていたりしていて、改めて地震の脅威を感じました。

特に今回の地震の大きな特徴は震度7の地震が二度も来たこと。これは今までにもあまり例をみない地震だったようです。
これからの復興をどうしていくのかが課題になってくると感じています。


そんな中で、私たち熊大カープも災害ボランティアをやってきました!

豚汁の炊き出し!
11370.jpg 

11360.jpg 
郵便物のポスティング!
11355.jpg 
さらには屋根の修理まで!
11361.jpg 

今後も活動を続けていくつもりです!

熊本市のボランティアセンターにいって登録をしてきましたが、本当に大勢の方がきていて、受付人数を大幅に越え、300人ほど帰っていただいたほどだったみたいです( ゚Д゚)

ニュースを見ていても、「なにか自分にできることはあるんじゃないかとおもってきた!」とか「熊本の為に何か絶対したい!と思ってきた!」という人の声を聞いて、本当に嬉しさと、人の素晴らしさを感じました!!

統一原理には、全ての人には必ず良心があり、それが幸福へと導いているとい内容がありますが、まさにそれを実感しました。
「為に生きる」ことに力の根源があるなぁと感じます☆ミ


ただ、ここで問いたいのが本来の「為に生きる」とは何か?ということです。
私事なのですが、先日母親と話して気付かされたことがありました。
それは、ボランティアは単なる一時的なものではなく、継続してやることが大切なんだということです。実際、東日本大震災の時にもボランティアはたくさん来ましたが、GW後にはぱったりととまったそうです。


「為に生きる」とは、自分の損得以上に、相手に無条件に与えること。
そう考えると、自分の事情を優先するのか、それ以上に相手の為に尽くすのか考えさせられますね。


まだまだ足らなさや不足さも有りますが、その「為に生きる」実体に挑戦していきたいと思います!!


全国のみなさん、応援本当にありがとうございます。
熊大カープ一同、熊本の為に頑張ります!(^^)!





クリックお願いします↓↓↓ にほんブログ村 大学生日記ブログへ にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「為に生きる」は口で言うのは簡単ですが、実体になることが勝負ですね。背中で語るものになりたいものです。

No title

すずさん、コメントありがとうございます!

実体が重要ですね。
実際やるのかが大切、私も挑戦していきたいです!