第3回定例研 ~もういっちょ共産主義ですよ~

皆さんこんにちわ~~!



久 し ぶ り に 戻 っ て ま い り ま し た グッドです(・∀・)∩<やっほい!!



今回も定例研について皆さんにお知らせしたいと思いますが、


いつの間にやったのかというと・・・何と7月12日です!!



・・・・・スミマセ───m(≧Д≦)m───ン!!






ま、まあとりあえずどんな感じだったかというと、


今回も勉強会のような形で3つの班に分かれて



マルクス、レーニンの生い立ち



共産主義の理論




についてそれぞれ発表していきました






詳しく話したいですが、どれも深い内容でこの場で話そうとすると


皆さんも私も頭がこんがらがること間違いなし ( ̄∀+ ̄)キラッ


でありますので、簡単に紹介だけします



     マルクスやレーニンについて
どのような家庭環境や思想教育を受けてきたのか



共産主義の理論については弁証法的唯物論について、


特に中心となっているような3つの法則のうち2つ


     対象物の統一の法則
ある物質や事柄の中には必ず対立物があり、それらが闘争することで成り立っている


     否定の否定の法則
ある物質や事柄が闘争によって否定し合うことで発展していく


について学んでいきました







         
今回の定例研を通じて




マルクスやレーニンの思想には、



彼ら自身の家庭環境人生での出来事



深く関わっていそうでした




また、共産主義の理論については矛盾性を認めてしまっている感じだし、



なんでそっちに行っちゃったかな~ n(ー_ー?)ウ~ン?



って個人的には感じました





メンバーたちも内容がだんだんと深まってくるにつれて、



意欲的になっているのが感じられましたね



これからも定例研をより充実させていきたいと思いますので



またお会いしましょう (* ̄▽ ̄)ノ  アディオス

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

3か月前っ!?

毛沢東の次はマルクス&レーニンでしたか、僕も参加したかった(。-`ω-)

知識が増えると理解度が上がって意欲も湧きますよね

共産主義…今回でやっと全体像が見えてきたような感じでしたね~(((^_^;)
もっと勉強しないとなと思いました。


何故共産主義が世界に広まったのかそこも気になりますね…。

ちゃんと考えてそうでいいですね〜。カープは楽しいだけじゃない!知的集団としても頑張ってほしいです。