アツいバトルがここにある!in 熊本!



皆さん、お元気様です!!☆

毎度おなじみまあむです(^^)/



毎週スポーツを火曜日の朝やっているのですが、なかなかブログに載せられていなかったので
ここで全てを公開しちゃいます!![emoji:i-237](やった~!!)


ってことで拝観料500円・・・・。 (なんでやねん!!!(゚д゚)!)


ぐっすっするどい突っ込み(*_*) 
お金なんてもちろんいりませんよ! どんどん見てください!!!






気を取り直して・・・




今週の朝スポーツはぁ――――!!!



おおおおおおおおーーーーーーー!



ゲートボール!!!

ということで、まずは公園にいって、あっボールとか道具が必要だなぁ。確か、ゲートボールってドライバーショットとかうてないよなー。でもなんか面白そうだな・・・・。




って違うよ――――!!( `ー´)ノ





今週はなんと!アルティメット~special Tennis Ball version~


をやりました!本来、アルティメットといえば・・・ディスクですよね。

しかし、諸事情等ありつつ今回はテニスボールでやってみよう!ということになってお試しでやってみました☆




これがまたおもしろい!(^^)!
ディスクよりもスピード感があり、細かくパスをつないでゴールまで持っていくというTEAMWORKが要求されましたね( ゚Д゚)



サッカー同様、とどまっているだけでは何も起きません。
自分からボールを取りに行くまさに「為に生きる」


ここに原点があるなと感じました。




ボールをもらいにいくので走り回って体力の限界が来ますし、なかなか点が入らない、あるいは一つになりきれないときに
チームメイトにたいして要求をしていまう思いを感じたり、裁いてしまったり、信じ切ることができなかったりしてしまう精神的な葛藤も来ます。



それでもチームの為に必死になって走り、向かっていく所に勝利があることを感じました。



口では為に生きると何回でもいうことができます。


しかし!


本当に大切なのは行動であり、実体で示すこと。

これを強く感じました。





今回チームのキャプテンをさせてもらいましたが、重要だと思ったのは周りに対しての声掛けや気配り以上に

誰よりも必死にチームのために生きようとする実体や姿です。


日常生活においても、その姿勢は崩してはいけないと思いました。

授業前に汚れている黒板をきれいに消したり、廊下に落ちている小さなゴミを拾ったり、グループワークにおいて率先して意見をだしたり・・・・。

正直言うとやり方は無限にあります。



でも本当に大切なのは自分どうこうとベクトルを自分に向ける以上に、ただ目の前の一人のために、家族のために、大学のために、国のため世界のために必死になって生きようとする心です。


その情熱を忘れてはいけないなと感じました!!






なんか・・・語っちゃいましたね(笑)(^_^;)

読んでくれているみなさんに少しでも響けばなぁと思います!(^^)/
次回もあるのでぜひお楽しみに(^_-)-☆



PS・・・来週は・・・・蹴鞠にしよっかな?それとも硬式野球かな・・・?はたまたあれにするか・・



kumamotodaigakucarp/20150614171024bbas.jpg" />











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アルティメットは正に授受作用の原則で成り立っていますね!今度は技を磨いて対戦しよう!

No title

 朝から熱かったですね!!!
そしてそのスポーツの時の熱さに負けない熱い思いが伝わってくるブログですね!素晴らしい!スポーツから得たことを生活でも展開していきたいですね♪

No title

アルティメット、、、
それはすなわち、"究極"のスポーツである。。

ということでね......('-`)。o0(エッ、どういうこと?!

すごくイイ戦いでしたね。個人的には、悔しいけっかでしたが、よりチーム一体化し、「為に生きる」授受作用の中で勝利していきたいですね。

感動した(T_T)

なんと純粋なblogなのだろ!

為に生きる!私も頑張りマックス\(^_^)/

みなさん、コメントありがとうございます!


べーさんの言う通り、確かに授受作用で成り立ってますね!

先ずは自分が与えていくという気持ちを忘れずに持ちたいですね!!

アツイねーーー!
いいねーーー!

私も為に生きたくなってきたよ(^o^)/

この世界をひっぱっていくのは
"若者"である私たちだね!

はーとさん、コメントありがとうございます!

やっぱり若者=情熱と夢 この公式は外せませんよね!!

まだまだ一介の大学生ですし、やることは限られていますが、若者こそ世の中を変えていく力があります!


もっと為にいきたい!!
の世界をよりよくしていきたい!!という情熱をもっていきたいですね!!!