日本三大名城 熊本城!! episode2 ~博愛と入城と侵入者~

忘れたころにやってくる、熊大CARP熊本城編、第二弾!!

語り部は引き続き、熊本を愛する男、寿がさせていただきます。

 さてさて、西南戦争の舞台となった熊本。熊本城を超えきれずに退いていった薩摩軍は、田原坂という場所で泥沼の戦いを強いられます。ここでは32万発の銃弾が飛び、わずか16日の間に西南戦争全体の3分の1の死者がでました。けが人も大量に出ましたが、看病する人がおらず、放置状態となっていました・・・


そこに現れたのが 博愛社!!

聞いて驚くなかれ、後の日本赤十字社である!!!!!


日本の博愛平等主義は、西南戦争のさなか、田原坂で見放された兵士たちに手を差し出すことから始まりました。今こそ赤十字、けが人は皆同じ、といった思想は当然でしたが、日本では全く受け入れられていない新しすぎる思想でした。
しかし大給恒、佐野常民 らが熊本藩士の細川氏に掛け合い、許可をもらうことができたのだとか。

ために生きる人間目指して3年、熊本から博愛思想が広がったことがとてもうれしい熊本人です(*´ω`*)

あ、ちなみに前回の締めで書いていた「あの人」とは、大河ドラマでお馴染みの新島八重さん。

会津藩で活躍した後は熊本の地で、博愛の心を持って薩摩軍・官軍問わずに看護救護に励んだそうです。
あP6300377

↑八重さんです。
こんな感じで、幕末の熊本とその他の偉人が漫画チックなキャラとなって展示会場を案内してくれていました♪
こういうのなら好きな女の子って多そうです。



これだけでも結構大満足な内容でしたが、タイトルを読んだ皆さんは分かる通り、これで終わりじゃなかったんです!!

そう! 入城!!

入城しました!

と、入城の前に入場せねば ( `ー´)ノ なんちゃって(∩´∀`)∩

P6300385.jpg

・・・って入場じゃなくて入園なのね _(・_.)/ ずるっ…


というわけで
ど~ん!P6300387.jpg

やっぱりかっこいい!!

熊本城といえば、先週も紹介した石垣!!

武者返しとはこの石垣の作りのことで、前回コメントを頂きましたね(*´▽`*) (ルーキーさんありがとう)

難攻不落の城ですが、
今の僕らなら越えられるはず・・・・・・!!



P6300391.jpg


で、ですよね~ヾ(;´▽`A``アセアセ


いや~、危険と分かっている石垣、そんなの登るわけないじゃないですか(;^ω^)

侵入者じゃあるまいし、たとえ目の前に石垣があっても、登って入らず堂々と正門に・・・






P6300408.jpg

P6300395.jpg

P6300396.jpg


めっちゃ侵入者いるしっ∑( ̄ロ ̄|||)!?

3枚目、よく分からないけど襲われてるよ!? 危険ってそういうことなの!!??

みなさんも、熊本城の石垣を登ろうと考えるのは危険ですよ。

武者返しに加えて、昔は大きな石が上から落ちてくるようになっていたそうです。

・・・今は、
なぞの黒い顔のお化け(グッドさん)が、足を引っ張って引きずりおろそうとするかもしれませんから・・・



※これはネタのために撮った写真です。実際には地面に足をつけており、石垣に登ってはいません(^-^)


さて、今回も熊本城の魅力が満載でした。
次回はいよいよ入場です。

また別の大河ドラマの主人公が出てくる・・・かも。

次回  episode3 ~剣士と武士と天守閣~ (仮)

お楽しみに\(^o^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント